ごあいさつ

Greeting

理事長あいさつ


生徒たちは無限の可能性を秘めています。特に、中学から高校にかけての6年間は、心身ともに大きく成長し、その後の人生にも大きく影響する貴重な時期だと思います。その貴重な時期に、生徒たちが無限の可能性を遺憾なく発揮しうる環境を整えるべく本校は、取り組んでおります。
その取り組みの原点は、生徒たちの自主性を尊重すること、そして生徒たち同士、あるいは生徒たちと教職員がお互いに相手を認め合うという相互承認にあると考えております。自主性は、生徒たちが、創造性豊かに、自ら考え、調べ、計画し、そして行動していくという一連の流れからはぐくまれ、また、相手を認め合うということは、自分の意見をしっかりと相手に伝えながらも、相手の意見に耳を傾け尊重し、一緒により良い考えや意見へと昇華させていくことを通じてはぐくまれると考えております。
本校では、さまざまな学校行事、探究活動、学び合い、自律的学習計画の作成、ICT教育の充実など、生徒たちの自主性や相互承認の感性をはぐくむ取り組みを積極的に推進しています。
社会や経済環境は凄まじい勢いで変化し予測がますます困難な時代を迎えた今、中高一貫教育での6年間を通じて、生徒たちが可能性を存分に発揮し、自ら未来を切り拓く力をはぐくむべく、本校は挑戦しつづけてまいります。

学校法人 土佐塾学園
理事長  福島 やすの


創立主旨

国家有為の人材、世界に通ずる国際人、各分野でのスーパースター

本校が理想とする人間像は、本物の教養に裏付けされた、既成概念にとらわれない自由・反骨の精神と柔軟な発想、創造力の持ち主、語学力豊かな国際人、文武両道の達人、しかも自他ともにコントロールの出来る指導者。
これこそ二十一世紀のリーダーにふさわしい条件です。今や日本は生活・経済の面では世界のトップに立ちました。しかしながら科学・文化・哲学の面ではまだまだといえます。近い将来、本校より国家有為の人材、世界に通ずる国際人、各分野でのスーパースターを輩出することを期するものであります。

本校創立の主旨より(昭和62年11月15日)

創立者 福島 清三