中高一貫校での学び

6 Years Learning

基礎学力の定着

中学1年~2年春における基礎学力の定着が、その後の学力伸長に大きく影響します。
そのため、この間に宿題や反復テスト等にて学習習慣をしっかりと身につけることに力を注いでいます。
また、本校では、原則として担任を中心とした学年団は入学時から卒業時までの6ヵ年を担当します。したがって、生徒たちの成長を見守りながら、信頼関係の構築をはかり、かつその学習状況などをこまやかに把握することができます。そのため、中学3年次から高校1年次へのスムーズな進学や、大学進学を視野にいれた一貫した指導が可能となっています。
そして、高校に進学後は、再び学力の変動期(拡大期)を迎えます。この高校での学力変動期は、生徒ひとりひとりの個性を考慮し、志望大学合格に向けた万全のサポート体制を組み、生徒たちの夢や希望を叶えるべく力を注いでいます。